SEO対策本部 サイト紹介

現在広く知られているSEO対策において、相互にリンクするという対策は、今、検索エンジンは高い評価をしていないと言われています。被リンクパワーの観点から考えても相互にリンクすることは被リンクパワーの双殺となり、一方的に被リンクを受ける事に比べると断然に効果が低い事はご理解いただけるでしょう。 ヤフーを中心に一方方向へのリンクが評価されつつあるため、この新しいサイトについてはいかに相互せずお互いに被リンクを得る方法があるのか検証し、その考え方において運営しております。

相互リンクとはいわば社会における人々の繋がりのようなものです。相互リンクを行うことでそのサイトがインターネットの中に組み込まれるといっても過言ではないでしょう。ある意味でリンクはインターネットの全てなのです。リンクを押すことで別のサイトやページヘと移動し、必要な情報やサービスを得ることができるのです。

しかしあるひとつのサイト(Aとしましょう)と、もうひとつのあるサイト(Bとしましょう)を直接相互リンクして、A⇔Bという形にするのも良いのですが、このリンクだけですとこの2つのサイトだけで往復するだけになり、他のサイトやサービスへ飛んで行くことができません。そこでAのサイトもBのサイトもそれぞれがたくさんのリンクを外部へ出すこで、別のサイトへの移動を可能にするのです。

しかしリンクは出て行くだけではよくありません。被リンクといってリンクをもらうことも大切なのです。なぜならばそれだけ被リンクをもらっているサイトと言うのは信頼されているサイトだということだからです。信頼されているサイトというのは高い評価を得ることができます。そうすればGoogleなどの検索サイトでの検索結果の上位に表示させることができるのです。

すなわち評価されているサイトからのリンクは、その「信用パワー」と呼ぶべきリンクのパワーをもたらしてくれるため、サイトの上位表示に役立ってくれるのです。しかしやたらめったらリンクを外に向かって出しまくると、それだけ一つのリンクあたりの信用パワーは低下します。なぜならばその信用パワーは有限であり、あまりにも外へのリンク(発リンク)が多すぎるサイトからのリンクはあまり意味をなさないことや、上位表示を狙っていることが見え見えであったりするとGoogleは自動的にそのサイトからのリンクの質が悪いと判断し、そもそもの信用パワーを下げてしまう事すらありえるのです

たとえばバトミントンのサイトから懐中電灯のサイトへリンクしてたかと思ったら、別にテーブルクロスのサイトへのリンクもあるなど、リンクしているサイトに統一感がないなどの場合も上位表示をあからさまに狙った質の悪いリンクとして判断されてしまうこともあります。

検索エンジンとしてのGoogleは日々改良が重ねられており、より良い検索結果をユーザーに提供できるようになっています。そのため上位に表示させるにふさわしいサイト作りというのはとても重要になってきます。

私達がインターネットを利用する上で欠かせないのが検索エンジンです。何か知りたいことがあった時、検索エンジンが無ければ膨大なインターネットから目的の情報を探しだすことはできなくなってしまいます。

だからこそ検索エンジンにおいて引っかかりやすくしておくということは非常に大事なのです。

検索エンジンのアルゴリズムは日々進化しています。進化する検索エンジンが重視しているのはコンテンツがいかにそれを探している人に届けることができるか、ということです。中身が充実し、わかりやすいコンテンツにすることで検索エンジンは高い評価をし、検索順位結果の面でも上位に表示してくれたりするのです。

コンテンツにおいて重要な要素はたくさんありますが、まずパクりなコンテンツでは話になりません。どこかからコピーしてきたコンテンツ等…たとえばウィキペディアからまるまる持ってきたような場合ではGoogleはこれはおかしいと判断します。

そうなってしまうと検索順位を下げられてしまい、ひどい時には圏外にまで飛ばされてしまうことになります。検索エンジンではこうしたペナルティも存在するため十分に気をつける必要があります。圏外に飛ばされてしまうと順位を戻すのは中々難しいです。そうならないよう、適切なSEO対策を行う事が大切です。SEO対策はえすいーおーと読み、せお対策と読むわけではありません。

グーグルが重要視するのはやはりコンテンツの質であり、良いホームページこそが上位表示を実現できるようになるのです。これを達成するのが何よりも重要なのです。

良いほホームページとはユーザーが求める情報を適切かつ適量、提供できるものです。それはコピーコンテンツであってはなりません。グーグルはパクリコンテンツを察知し、認識できるがために、これはコピーされたコンテンツだと認識されるとコピーした側の順位が大きく下がってしまうといった問題があります

SEOに必要なのは何よりも愛です。自らのコンテンツや商品がどういうものであるかをしっかりと把握しておきましょう。

ページランク別相互リンクサイト様一覧